調査会社「BCN」のデータによると、2016年2月のスマホ販売台数は前年同月比で-17.5%だったそう。

大手キャリアの販売減が顕著なようです。

2016年1月の駆け込み需要(実質0円販売の終了前)の反動もあるでしょう。

ですが、そんな中でも販売を好調に伸ばしているところがあります。

1つがSIMフリー端末。
格安SIM利用者が購入しているものと思われます。

これが前年同月比+56.3%。

もう一つがワイモバイル。
前年同月比+70.2%となっています!

イケイケですね、Y!mobile。

BCNのデータはこちら↓

「実質0円」廃止のインパクト、変わるスマホのパワーバランス
──実売から見た、駆け込み購入と反動減の実態

http://www.bcn.co.jp/press/press.html?no=312